診療時間のご案内

平日

午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00

日曜・祝日は休診となります。

詳しくはこちら

サービスservice

  • 美容室
  • しつけ
  • ホテル
  • オンラインショップ

ブログblog

  • 院長のひとりごと
  • スタッフブログすっぴん動物病院
  • しっぽ通信
  • 問診票ダウンロード
  • ドクターズファイル

スタッフブログ 2014年11月08日(土) の記事

2014年11月8日

クロストリジウム性腸炎1

 

 

 

犬や猫の下痢の原因菌のひとつに

 

クロストリジウム菌(Clostridium perfringens)があります。

 

この菌は

 

もともとは腸内の正常細菌叢を構成する菌のひとつですが

 

何らかの原因・刺激により

 

芽胞を形成するようになり(写真の矢印)、

 

その時に産生される毒素が

 

腸に炎症を引き起こし

 

下痢となるわけです。

 

グラム染色を施した糞便塗抹標本を鏡検し

 

芽胞形成菌(クロストリジウム菌)の増加を確認すれば

 

おおよその診断はつきますが

 

必ずしも

 

芽胞形成菌の増加=クロストリジウム性腸炎

 

とは限らないので

 

そのあたりは慎重に診ていく必要があります。

 

クロストリジウム性腸炎をきちんと診断するためには

 

糞便中のクロストリジウム菌の毒素

 

およびその遺伝子の検出が有効とされていますが

 

実際の臨床の場ではそこまで検査することはせず

 

症状の見極め、抗菌薬による治療の反応性などから

 

総合的に診断していくケースがほとんどです。

 

通常は1~2週間の投薬で良化するので

 

あまり神経質になる必要はありません。

 

気になる方は

 

定期的な検便で

 

芽胞形成菌の増加の有無を調べておくと良いでしょう。