最新情報

2015年4月16日

ゴールデンウィーク中は暦通りの診療となります。

 

日曜・祝祭日は休診ですのでご注意下さいね。

 

尚、急患の場合は出来る限り対応させていただきますが

 

すべてのご要望にお応えできないこともございます。

 

どうぞ健康には十分注意を払い、楽しいGWをお過ごしくださいませ。

 

 

2015年2月28日

狂犬病予防接種の窓口対応が今までとは大きく変わります。

 

横浜市ではこれまで

 

犬の鑑札や注射済票の交付は

 

福祉保健センターか集合注射会場でしか出来ませんでした。

 

今年度(平成27年度)からは

 

各動物病院で交付出来るようになります。

 

つまり

 

動物病院で狂犬病の予防接種を受けると

?

すぐその場で鑑札や注射済票をお渡し出来るようになったのです。

 

とても便利になりましたが

 

反面 今までより厳しくなる点もあります。

 

今年から

 

皆様のもとに送られてくるのはハガキではなく封書になり

 

中に下記のような3枚つづりの用紙が入っています。

 

 

 

RV2015

 

 

 

この用紙は絶対になくさないでください。

 

そして、狂犬病予防接種を受ける際は

 

必ず忘れずにこの用紙を病院の窓口に提出してください。

 

まったく初めて狂犬病予防接種を受ける場合を除いて

 

この3枚つづりの用紙をお忘れの場合は

?

基本的には 当院で狂犬病の予防接種は受けることは出来ません。

 

くれぐれもこの3枚つづりの用紙をお忘れにならぬよう

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

※この新しい制度がスタートするのは平成27年4月2日(木)からになります。

今年度の狂犬病予防接種の受付は3月2日(月)からですが

3月2日(月)~4月1日(水)の分は従来のままの対応になります。

つまり、この期間の窓口は福祉保健センターになります。

新制度での対応をご希望の方は4月2日(木)以降にご来院くださいませ。

 

 

まとめますと・・・

 

◆平成27年度から、動物病院で狂犬病予防接種を受けると

 その場で鑑札や注射済票をお渡しできるようになります。

◆封書で送られてくる3枚つづりの用紙(写真のもの)を必ずお持ちください。

 当院にご来院の際、この用紙をお忘れの場合は狂犬病予防接種を受けることが出来ません。

◆この制度がスタートするのは 2015年4月2日から になります。

 

 

以上になります。

 

皆様にはご面倒をおかけいたしますが

 

どうぞご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

2015年2月25日

ノミやマダニは春から秋にかけて活動が活発になります。

 

予防・駆除は3月頃から始めていただくのが理想的。

 

今年も早め早めの対策で万全を期してまいりましょう。

 

滴下薬や経口薬などいろいろな種類のものがありますが

 

動物用医薬品として指定されているものをお選び下さいね。

 

当院では

 

2月25日から4月30日まで

 

ノミ・マダニ駆除薬の早期割引キャンペーンを実施しております。

 

フロントライン、マイフリーガード、ネクスガード、コンフォティスなど

 

???? ◆ 3回分 通常価格の5%引き
 
 ?? ◆ 6回分 通常価格の10%引き

 

で ご提供させていただきます。

 

お得なこの期間にどうぞお求めくださいませ。

 

おすすめ製品はこちらですよ~ >>> 当院イチオシ ノミ・マダニ駆除薬

 

 

2015年2月3日

株式会社ビルバックジャパンから価格改定の案内が届きました。

 

昨今の原材料費上昇や円安の影響でしょうか。

 

企業努力では対応しきれない厳しい状況のようです。

 

ビルバック製品をご愛顧いただいている皆様にはご迷惑をおかけいたしますが

 

何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 

当院で扱っている製品では

 

おおよそ50円~200円くらいのアップになります。

 

個々の製品価格については当院受付にてお尋ねください。

 

3月1日から新価格になります。

 

2月後半は駆け込み注文で品薄になる恐れがありますので

 

どうぞご注意ください。

 

 

2015年2月2日

フェルガード1

 

 

 

近年、獣医療の進歩もあり、ワンちゃん猫ちゃんはとても長寿になってきました。

 

本当に喜ばしいことです。

 

しかしながら

 

一方では、高齢化が進むにつれ、人間と同じように認知症になる動物も増えてきて

 

介護に追われるオーナー様の大きな悩みとなっています。

 

 

犬の認知症とはどんな症状を指すのでしょうか。

 

まとめると以下のような感じになります。

 

 <犬の認知症の症状>

・夜吠き、夜中の徘徊、穴掘りや往復・旋回など同じ動作の反復

・睡眠の増加(睡眠サイクルが変わり、昼間はずっと寝ている、昼夜逆転現象)

・尿、糞の失禁(トイレの失敗が増える)

・飼い主を認識できない

・位置、方向感覚の障害

・過剰なパンティング(暑くもないのにあえぎ呼吸をする)

・混乱・見当識障害

・命令への反応低下

・出来事への関心喪失(無気力・無関心)

・食事への関心低下もしくは異常なほどの食欲、食べ物の好き嫌いの変化

・日常の活動性低下

・感情の起伏が激しくなる、噛みつくようになる

・音や匂いなどの環境変化に過剰反応する

 

 

猫の認知症は犬に比べると症状がややわかりにくく

 

被害も犬ほどではないかもしれませんが

 

それでもオーナー様の毎日の世話が大変なのは想像に難くありません。

 

 

こういった犬猫の認知症の症状に対しては

 

これまでのところ効果的な薬剤や画期的な治療法は特になく

 

栄養や薬でQOLを上げながら進行を遅らせることがメインとなっています。

 

 

人間の方では

 

認知症のいくつかのタイプの中でアルツハイマー型認知症に対して

 

あるサプリメントを使うことで良い効果が得られているようです。

 

「コウノメソッド」と呼ばれる河野和彦医師が提唱する治療方法があるのですが

 

その中で推奨されているサプリメントに「フェルガード」というものがあります。

 

 

 

フェルガード2

 

 

 

フェルガードとは

 

フェルラ酸という米ぬかから抽出された天然のポリフェノールと、

 

ガーデンアンゼリカというハーブの成分から作られたサプリメントです。

 

◆フェルラ酸の働き

フェルラ酸は抗酸化作用、抗菌作用、抗ガン作用のほかに、アルツハイマー病の際に脳内に蓄積する異常

蛋白であるβアミロイドの凝集を抑制する働きがあることがわかっており、アルツハイマーの予防・改善に

効果があることが明らかになってきております。

 

◆ガーデンアンゼリカの働き

ガーデンアンゼリカはヨーロッパを中心に古くから薬用ハーブとして広く用いられており、その抽出物には

脳神経細胞のネットワークを再構築する作用があると言われております。

 

このフェルラ酸とガーデンアンゼリカの配合比率を変えることで

 

人間の場合は様々なタイプ・重症度に合わせたフェルガード製品が作られていますが

 

動物の場合は今のところ1種類のみ(フェルガード?100M:もともとは人間用のサプリメントです:

 

1包あたりフェルラ酸100mg、ガーデンアンゼリカ20mgが含まれています)です。

 

 

 

フェルガード3

 

 

 

学会などで犬猫の認知症に対するフェルガード?100Mの効果が発表されていますが

 

84%で良い効果がみられたそうです(学会発表内容については担当獣医師にお尋ねください)。

 

 

当院でも認知症のワンちゃんたち数頭にフェルガード?100Mを投与してみたところ

 

昼夜逆転、夜鳴き、徘徊といった異常行動が落ち着いた、

 

という報告を各オーナー様からいただいております。

 

 

製品としての質は

 

もともと人間用に作られたサプリメントであり、しかも医院でのみ取り扱っている製品ですから

 

しっかりしたものであることは間違いないでしょう。

 

 

2つの有効成分、フェルラ酸とガーデンアンゼリカを組み合わせた「フェルガード?100M」。

 

人間の認知症治療に広く使われてきたこの製品が

 

いよいよ動物にも使えるようになってきたことは喜ばしい限りです。

 

フェルガード?100Mは

 

認知症に悩む動物とそのオーナー様にとって心強い味方となってくれることでしょう。

 

 

 

フェルガード4

 

 

 

スティック状になっている袋を開けると白い顆粒状のものが入っています。

 

味はほんのり甘い感じで苦味はまったくありませんので

 

動物も嫌がらずに飲んでくれるはずです。

 

 

 

フェルガード5

 

 

 

水で溶かして写真のように直接飲ませるのもいいでしょう。

 

フードに混ぜて与えてもOKでしょう。

 

 

フェルガード?100Mは認知症の症状がひどくなってから与えるより

 

まだまだしっかりしているうちから与え始めた方がより効果的だと思われます。

 

飲ませ始めるタイミングについては主治医にご相談ください。

 

 

◆フェルガード?100M 60包入り1箱 5560円(税別)

通常は体重10kgくらいの子で朝晩1包ずつからスタート(体重によって増減します)

 

フェルガードをもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ >>> フェルガード?について

 

 

 

 

診療時間のご案内

平日

午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00

日曜・祝日は休診となります。

詳しくはこちら

サービスservice

  • 美容室
  • しつけ
  • ホテル
  • オンラインショップ

ブログblog

  • 院長のひとりごと
  • スタッフブログすっぴん動物病院
  • しっぽ通信
  • 問診票ダウンロード
  • ドクターズファイル