診療時間のご案内

平日

午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00

日曜・祝日は休診となります。

詳しくはこちら

サービスservice

  • 美容室
  • しつけ
  • ホテル
  • オンラインショップ

ブログblog

  • 院長のひとりごと
  • スタッフブログすっぴん動物病院
  • しっぽ通信
  • 問診票ダウンロード
  • ドクターズファイル

スタッフブログ - にゃんこ -

2015年3月9日

IMG_0274

 

 

 

この子が狙っているのは・・・・・

 

 

 

IMG_0275

 

 

 

この子が狙っているのは・・・・

 

 

 

IMG_0284

 

 

5段キャットタワーのてっぺんでした~

 

見事ゲット!

 

「取り返したきゃ かかってこんかい!」

 

とか言ってるのかなぁ。

 

 

2015年1月23日

2015-01-09 1

 

 

 

この子 パッと見はそれほどひどく見えないかもしれません。

 

でも よ~く見てみると

 

かなり傷んでいる歯があるのですが

 

おわかりになりますか?

 

 

 

2015-01-09 2

 

 

 

そうです。

 

この矢印の歯です。

 

拡大してみると・・・

 

 

 

2015-01-09 3

 

 

 

どうです?

 

かなり傷んでいますよね。

 

えっ? まだわかりにくいですか?

 

では まず歯石を取って一旦キレイにしてみましょう。

 

 

 

2015-01-09 4

 

 

 

これでハッキリ見えましたよね。

 

歯ぐきがえぐれて歯の根っこが浮いてしまい

 

まるで穴が開いたようになり

 

器具を差し込むと貫通しちゃってる様子が見て取れます。

 

 

 

2015-01-09 3

 

 

 

結局、歯の根っこは腐っていて

 

この歯は抜かざるを得ませんでした。

 

この子はまだ8歳なのに歯を失うことになってしまい残念でなりません。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

おうちで歯磨きをやっていても

 

しっかり奥の方まで磨き切ることはなかなか難しいですよね。

 

歯磨きをしているしていないに関わらず

 

時々は歯科検診を受けていただくことをオススメします。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

お口のケアは

 

歯磨きが一番ですが

 

他にもデンタルバイオなどのサプリメントを与えたり

 

飲み水を伝医水に変えたりすることで

 

より良い口腔内環境が保てるようになりますよ(^_^)v

 

 

◆デンタルバイオについてはこちらをどうぞ >>> デンタルバイオ

◆伝医水についてはこちらをどうぞ >>> 伝医水

 

 

2014年11月21日

2014-11-21 1

 

 

 

シャワーヘッドを変えてみました!

 

シグマテックインターナショナル株式会社から

 

発売されているこのシャワーヘッドは

 

特許技術(機能性 PAT特許第4999996号)により

 

水中の空気を利用してバブルを発生させるため

 

外気の影響を受けず

 

安定した微細気泡0.1μm(1/10000mm)を生成する優れもの。

 

マイクロナノバブルが

 

皮膚に刺激を与えずに

 

毛穴の奥までしっかり洗浄してくれます (^_^)v

 

 

 

2014-11-21 22014-11-21 32014-11-21 42014-11-21 5

 

 

 

シャンプー後のハグちゃん。

 

写真ではわかりにくいのですが

 

いつもより手触りが優しく

 

ふかふかになっています (^_^)v

 

短毛種の方が効果が分かりやすいかもしれませんね。

 

 

 

2014-11-21 6

 

 

 

当院の美容室では

 

ラファンシーズとマイクロナノバブルシャワーの組み合わせで

 

シャンプーをおこなっております。

 

美しいツヤと滑らかな触り心地を皆様に楽しんでいただけるよう

 

今後も努力を重ねてまいります。

 

乞うご期待!

 

 

2014年11月8日

クロストリジウム性腸炎1

 

 

 

犬や猫の下痢の原因菌のひとつに

 

クロストリジウム菌(Clostridium perfringens)があります。

 

この菌は

 

もともとは腸内の正常細菌叢を構成する菌のひとつですが

 

何らかの原因・刺激により

 

芽胞を形成するようになり(写真の矢印)、

 

その時に産生される毒素が

 

腸に炎症を引き起こし

 

下痢となるわけです。

 

グラム染色を施した糞便塗抹標本を鏡検し

 

芽胞形成菌(クロストリジウム菌)の増加を確認すれば

 

おおよその診断はつきますが

 

必ずしも

 

芽胞形成菌の増加=クロストリジウム性腸炎

 

とは限らないので

 

そのあたりは慎重に診ていく必要があります。

 

クロストリジウム性腸炎をきちんと診断するためには

 

糞便中のクロストリジウム菌の毒素

 

およびその遺伝子の検出が有効とされていますが

 

実際の臨床の場ではそこまで検査することはせず

 

症状の見極め、抗菌薬による治療の反応性などから

 

総合的に診断していくケースがほとんどです。

 

通常は1~2週間の投薬で良化するので

 

あまり神経質になる必要はありません。

 

気になる方は

 

定期的な検便で

 

芽胞形成菌の増加の有無を調べておくと良いでしょう。

 

 

2014年8月14日

うちの猫さんたちは

 

おやつをもらう時

 

ちゃんとマナーを守ります。

 

きちんと1列になってお行儀よく順番待ち。

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

こんな感じです (*^-^*)

 

 

 

うちの猫さんたち1

 

 

 

おやつを見る目は真剣そのものですねぇ。

 

全員♂~

 

 

 

うちの猫さんたち2