コラム

2005年10月17日

20051017暑い夏も過ぎ去り、過ごし易い秋を迎えて動物たちも絶好調といったところでしょうかね。 院長自慢の猫ひじき君もこの季節になると天気の良い日には頻繁に散歩に出して貰えるのでとてもご機嫌です。

写真の紫陽花の茎にスリスリするのが日課となっています。 もちろんリード付きなので勝手に遠くへは行けません。 今の世の中、室内飼育の猫ちゃんにとって外の世界は危険が一杯です! 交通事故も怖いし、ケンカによる怪我も怖いし、怪我だけでなくもっともっと怖い怖ーいウイルス感染だってもらっちゃう可能性が大なのです。 それに可愛いと連れ去られてしまう危険もあるし、ご近所とのトラブルだって考えられなくもないですよね。

 

これからの時代は飼育動物は必ず飼い主さんの監視下におくことが必要だと私たちは考えます。 人も動物も楽しく安全な毎日を送れれば、こんなに幸せなことはないですよね。